株式会社横浜環境デザイン...

お知らせ NEWS

  1. 神奈川(横浜)の太陽光発電は横浜環境デザイン
  2. お知らせ
  3. ソーラーシェアリング普及と再生可能エネルギー応援する顧客のための電気販売を始めます

ソーラーシェアリング普及と再生可能エネルギー応援する顧客のための電気販売を始めます

プレスリリース

2017年12月13日
株式会社横浜環境デザイン

ソーラーシェアリング普及と再生可能エネルギーを
応援する顧客をマッチングする仕組みで協業

住宅用から産業用太陽光発電の提案・設計・施工・O&Mを一貫して行う株式会社横浜環境デザイン(代表:池田真樹 所在地:横浜市)は、
農業従事者の減少や全国で増加している耕作放棄地の再⽣といった課題の解決策として期待されているソーラーシェアリングの普及を
千葉エコ・エネルギー株式会社(代表:馬上丈司 所在地:千葉市)と進め、千葉県匝瑳市において3案件を施工、今後もプロジェクトを進めていく予定である。

このたび、横浜環境デザインが小売電気事業者登録 A0453を取得。ソーラーシェアリングを普及させ、このような活動を応援する顧客を
マッチングさせる新たなサービスを千葉エコ・エネルギーと協業し提供を開始する。仕組みは、ソーラーシェリングの太陽光発電設備で発電した
電気を横浜環境デザインが購入し、ソーラーシェアリングを応援し、横浜環境デザインが提供する「ヨコハマのでんき」に電気契約を切りかえた
顧客に対し、設備の下でできた作物や加工品等、地元特産品をご自宅にお届けするサービス。

ソーラーシェアリングは、農業従事者にとって農業収⼊と再⽣可能エネルギーの売電収⼊の確保を両立できるものである。
そのため、耕作放棄地解消や農業従事者人口の減少に歯止めをかけたい環境省と農林水産省が連携し、現在来年度予算でソーラーシェアリングに
対する補助金の要求を提案している。このような背景も受け、横浜環境デザインでは、再生可能エネルギーを普及する会社として、
再生可能エネルギーの電気を積極的に市場に投入することは業界の責務と認識し、今回新しいサービスを提供するに至った。
今後も再生可能エネルギーにスポットを当てた電気料金メニューやサービスをリリース予定。

■ 株式会社横浜環境デザイン  会社概要
① 商号     : 株式会社横浜環境デザイン
② 代表者    : 代表取締役社長 池田真樹
③ 所在地    : 〒222‐0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-20 パシフィックマークス新横浜
④ 設立     : 平成11年7月
⑤ 売上高    : 128億円(平成29年月5月期)
⑥ 主な事業内容 : 住宅用太陽光発電システムの設計、施工、販売
公共用・産業用太陽光発電システムの設計、施工、販売
⑦ 登録・届出  : 電気工事業…神奈川県知事(特-24) 第74702号
宅地建物取引業…神奈川知事 (2) 第27810号
ISO9001 JET-0822/ ISO14001 E17-663
小売電気事業者登録 A0453

 

太陽光発電システム 神奈川No.1

神奈川(横浜)の住宅用・産業用太陽光発電なら横浜環境デザインにお任せください。
国内外のメーカーよりお客様のニーズに応じた太陽光発電システムを適正価格にてご提案をいたします。
太陽光発電業界20年のパイオニアとして、一般住宅からアパート・マンションを始めとし、10kW以上の産業用太陽光発電の設計・施工を行います。