株式会社横浜環境デザイン...

お知らせ NEWS

  1. 神奈川(横浜)の太陽光発電は横浜環境デザイン
  2. お知らせ
  3. 一般社団法人 新エネルギーO&M協議会のご紹介

一般社団法人 新エネルギーO&M協議会のご紹介

お知らせ

太陽光発電のO&Mに特化した「一般社団法人 新エネルギーO&M協議会」を発足し、弊社代表の池田が理事長に就任しました。

これまで横浜環境デザインは、一般社団法人日本PVプランナー協会と新エネルギー革命会に所属していますが、両団体は太陽光発電の設計・施工を正しく普及するための団体であり、O&Mサービスの普及促進とは少し目的に乖離がありました。

そこでこの度、太陽光発電所の「トータルO&M」を提唱し再生可能エネルギーの普及を促進する団体として、「一般社団法人 新エネルギーO&M協議会」を発足しました。この新エネルギーO&M協議会(※以下O&M協議会)は、日本PVプランナー協会と新エネルギー革命会の両団体から理事を選出し、太陽光発電EPCの枠を超えた新しい団体として活動を開始しました。

O&M協議会が提唱する「トータルO&M」は、少し漠然としていると思われるかもしれません。

今のO&Mは、発電所ライフサイクルの一部分のみに焦点を当て、サービスの内容も発電所運用時に不具合が生じた際の緊急駆けつけや、1年に1度決まった点検内容・項目について点検を行うだけ、など“狭義のO&M”を提供しているケースが多く見られます。

O&M協議会では「トータルO&M」として、計画・設計・建設・運用中・転売、終了後にわたり、その発電所のライフサイクル全体を通じてO&Mサービスを提供することを目的とします。「トータルO&M」は、“狭義のO&M”に対して“広義のO&M”と言えます。デューデリジェンスや転売時に行う査定などのサービスも含み、発電所のライフサイクル全体を通じて、O&Mサービスの最適化を図ります。O&M協議会は、そのために必要な技術の開発・普及促進を行う団体です。

20年間安定的に発電でき、効率的なO&Mが可能な発電所を作れる施工会社の支援を行い、「まっとうな」発電所をお客様にご提供するとともに、リスクヘッジというかたちで、太陽光発電に特化した補償のご提供なども行っていく予定です。

このネットワークを通じて、全国で会員同士O&Mを融通しあうことで地域を越えたO&Mを無駄のない価格でご提供できます。また点検・検査手法の標準化など当協議会だからできることを増やしていく予定です。

すでに提供を開始している「PVトレーサービリティシステム」(太陽光発電所に関する各種情報を記録・管理・保存する業務支援クラウドサービス)は、発電所のドキュメントや写真を一括管理するものです。

発電所のライフサイクル全体を通じてデータ保存が行え、協力会社や発電所オーナーなど、クライアントに応じて開示する範囲の権限設定も容易です。「トータルO&M」を支えるITインフラとして、会員の方には便利な情報管理・共有ツールとしてご活用いただけるものと自負しております。

また一般社団法人としてO&Mの現場の声を取りまとめ、個よりも団体として発言することで、各省庁に意見を届ける活動も行っていきます。

再生可能エネルギーの筆頭である太陽光発電が、真にお客様に選ばれるエネルギーであり続け、日本の主力電源として、安定的に発電が維持できる技術とサービスの確立を目指して参ります。

■一般社団法人新エネルギーO&M協議会にご興味がある方は、下記までご連絡ください。
新エネルギーO&M協議会

資料請求やお問い合わせはこちら


お電話またはメールにてお気軽にお問い合わせください。
0120-048-808

受付時間 平日9:00~18:00

太陽光発電システム 神奈川No.1

神奈川(横浜)の住宅用・産業用太陽光発電なら横浜環境デザインにお任せください。
国内外のメーカーよりお客様のニーズに応じた太陽光発電システムを適正価格にてご提案をいたします。
太陽光発電業界20年のパイオニアとして、一般住宅からアパート・マンションを始めとし、10kW以上の産業用太陽光発電の設計・施工を行います。