株式会社横浜環境デザイン...

お知らせ NEWS

  1. 神奈川(横浜)の太陽光発電は横浜環境デザイン
  2. お知らせ
  3. リコー環境事業開発センター見学レポート

リコー環境事業開発センター見学レポート

お知らせ

~脱炭素社会と循環型社会の実現に向けた活動をする~リコー環境事業開発センター

年間4000人が見学に訪れる御殿場にある株式会社リコーの環境事業開発センターの工場見学に行ってきました。リコーで取り組むリユースのやり方について一つ一つの工程ややり方などを見学したり、なぜリコーがRE100を宣言したのか?などについて、SDGsの目標とともに解説をしていただき、大変勉強になりました。

創業から83年目を迎えるリコーは、創業者の時代から、「環境対応」に力をいれ、1995年以降は、「環境保全」、その後は、環境と持続的なビジネスの両立を目指す「環境経営」に力を入れてこられました。

1FのシアターRでは、なぜリコーが環境経営を掲げ、環境と持続的なビジネスの両立を目指すのか。RE100に参加をして、具体的にどのようなことをしているのかなどについてお話を聞きました。

小学生などの学習教育でもよく利用される施設ですので、リアルタイムの雲の動きを実際の地球儀上で見たり、地球温暖化が進むと地球にどんな変化がおこるのか、など視覚的に見ることができました。また御殿場は、富士山が象徴的な町ですので、富士山の横にある太陽光が照らすと再生可能エネルギーによる電気の供給で町が稼動する様子や、プロジェクションマッピングを用いた技術の融合で、背面デザインとプロジェクトマッピングの画像を掛け合わせ、再生可能エネルギーを利用することで、温暖化を防ぎ町に鳥や動物たちが飛び交う様子などが映しだされました。

リコーのコピー機は、お客様の使用状況により状態がいいものから、青色、黄色、赤色に区分けされリサイクルに回されます。工場自体もCO2とコストを削減するため、LEDを導入し、年間200万円の電気代を削減されたそうです。

状態のいいものは、パーツなどを少し変えて出荷。黄色のものは、使えるパーツを取り出して、組み替えて出荷。コンディションが悪いものはパーツごとにわけられ、メンテナンス時に使用する機材として再利用されています。

きつい、汚い、危険のいわゆる「3K」の仕事は基本的にロボットがおこないます。それぞれコピー機のコンディションにより区分(青色、黄色、赤色)されたものを上部のカメラにより、自動判定し、ロボットがそれぞれの作業場にコピー機を運びます。以前は、青色、黄色、赤色と別々にコピー機を保管していたため、4倍以上スペースが必要だったそうですが、現在は、省スペースを実現し、ロボットによる効率化も図れています。

コピー機の組み立て工程で、黄色のボックスは、リユース製品が入ったもので、一部リユース製品を組み込みながら、1台のコピーを作ります。またリユース製品を使い、現在いくらCO2を削減できたか?などについて「見える化」しています。

開発にも力を入れて、フレキシブルな有機薄膜太陽電池や宇宙船で使用され、JAXAと共同開発しているペロブスカイト太陽電池などの展示がされています。

リコーのRE100達成へのステップとして、知る→減らす→作る→選ぶという段階をへてRE100の達成をおこなっている様子について順を追って解説していただきました。

エネルギーの見える化で200箇所の分電盤でCTをつけ、データを取得し、計測した結果、ムダな電気が使用されていることがわかり、改善した結果、電力にして、4700kWの削減、CO2も2.6t/年削減するなど見える化により実現されたそうです。

すでにこの工場は、ムダを省いて、リサイクルをしたり、再生可能エネルギーの創出やグリーン電力の購入により、RE100を実現しています。

自社だけの取組みではなく、他社へのソリューション提供も積極的におこない、例えば太陽光や人の位置を感知して、LEDの色を明るくしたり、リラックスや帰宅を促すオレンジ色に自動に感知するしくみの開発や様々な省エネ機器を開発し、コスト削減やCO2削減の提案をされているとのことです。

また「創る」では、再生可能エネルギーの提案や工事、メンテナンスまでワンストップでおこない、お客様の再生可能エネルギーの導入をお手伝いしています。

バイオマス発電所を自社の中に設置し、熱利用によるお湯をつくって、施設内で使用しています。これにより、年間240トンのCO2削減と、480万円の電気代削減につながっているとのことです。

新築中のバイオマス発電所は、省スペース化などにより都会でも導入できないかなどの実証実験を行う予定です。

このセンターを見学して、RE100やSDGs達成目標を掲げることは、工場の見える化や、実際の作業一つ一つの工程の削減数値に落とし込むことが必要で、RE100を日々実践し、改善していくことが必要で、最終的には、人の意識も含め、施設全体が真にRE100を達成できるのだと思いました。

■リコー開発事業開発センターHP
https://jp.ricoh.com/environment/eco_business_center

 

資料請求やお問い合わせはこちら


お電話またはメールにてお気軽にお問い合わせください。
0120-048-808

受付時間 平日9:00~18:00

太陽光発電システム 神奈川No.1

神奈川(横浜)の住宅用・産業用太陽光発電なら横浜環境デザインにお任せください。
国内外のメーカーよりお客様のニーズに応じた太陽光発電システムを適正価格にてご提案をいたします。
太陽光発電業界20年のパイオニアとして、一般住宅からアパート・マンションを始めとし、10kW以上の産業用太陽光発電の設計・施工を行います。